会社案内

ご挨拶

~くらしのいろいろ~のご提案で地域のお客様の安心と安全、快適な暮らしのお役に立ちたい

~くらしのいろいろ~のご提案で地域のお客様の安心と安全、快適な暮らしのお役に立ちたい

弊社は昭和43年、プロパンガス・灯油の販売を中心に創業しました。以来、「~くらしのいろいろ~のご提案で地域のお客様の安心と安全、快適な暮らしのお役に立ちたい」という思いで、設備機器の工事や修理、住まいのリフォームなどお客様のお困りごと解決を使命とし、地域の皆様に支えられ、今日まで営業させて頂いております。

近年では、より幅広くお客様のご期待に添えられるように農産物の直産事業や太陽光発電、電力販売も開始しました。

これからも、地域から必要とされ続ける会社を目指し、社員と共に成長していくために真面目にたゆまぬ努力を続けていきたいと考えております。
引き続き皆様方のご支援ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 大友 俊一


企業理念

経営理念:当社の存在する意義 MISSION

私たちは「くらしのいろいろ」に関するより良い提案を通じて、「お客様の安心と安全、快適な暮らし」に貢献します。

経営指標:なりたい姿 VISION

私たちは「自らの成長」により、ステークホルダーから称賛される社員、会社となることを志します。

価値基準:あるべき姿 VALUE

私たちはあらゆる仕事に対して、「感謝」と「謙虚」の気持ちを忘れず行動します。

私たちは、お客様の「困った」を解決し、「ありがたい」をいただけるように、「感動品質の仕事」「高い論理観に基づく仕事」を追求します。

私たちはステークホルダーから必要とされ続けるために、「改善と向上」に取り組みます。

行動規範

1.私は企業理念とクレドを尊重し取り組みます。

同じ目的地に向かいたい人に、幌馬車に乗車してもらいます。この人たちを「仲間」と呼びます。

2.私は会社の業績向上を考え行動します。

計画通り安全に目的地に到着するために、目標達成と効率化に取り組みます。

3.私は自分自身と仲間の成長に取り組みます。

本当の仲間とは、お互いに「正しいこと」「正しくないこと」を指摘し合い、切磋琢磨できる関係です。

私は帯プロ“7つの絶対基本”を守ります

1.いつやるの?今でしょう!
2.ネガティブ禁止!ポジティブチェンジ!
3.他人事ではなく自分事として考える。
4.今、自分にできることを考え、行動する

5.チャレンジ
6.相連報
7.整理整頓清掃

行動指針

以下、すべてを実践することで、ステークホルダーの価値を高めます。

地域社会

1.
私は、安心安全なくらしのため、地域の方々のサポーターでありつづけます。
2.
私は、困っていそうな人を見たら、勇気を持って声をかけます。

お客様

3.
私は、学び成長しつづけます!
それが高い仕事品質につながり、お客様から「やっぱり帯プロじゃなければ」の信頼につながるからです。
4.
私は「帯プロを代表している」という意識をつねに持ち、なんでも相談いただけるよう、笑顔で明るい挨拶を大切にします。
5.
お客様のくらしを快適にすることが私の仕事のゴールです。商品・サービスを提供してからがスタートと考えます。
6.
私は、お客様や会社そして家族に対して責任と信頼のある行動をとります。
7.
私は、お客様からのクレームを帯プロへの「ご意見・ご提案」と考えて真剣に対応し、再発防止に努めます。そしてお客様に再度よろこんでご利用いただけることを目指します。

仲間

8.
目標や数字としっかり向き合い、仲間と協力・切磋琢磨して達成することを私のよろこびとします。
9.
私は、ありがとう!と言葉にして伝える習慣を大切にします。
10.
One for All , All for one
私は、仲間の生き方や考え方を尊重します。そして仲間からの想いに感謝します。
11.
私は、仲間が元気がなさそうなときは、相手の気持ちに寄り添って言葉をかけます。
12.
返事は「はい!」。
挨拶は明るく笑顔も添えて、私から率先してコミュニケーションします!

パートナー

13.
私は、パートナー(取引先)と公正で誠実な対応をします。契約、ルール、協力範囲を遵守します。
14.
パートナー(取引先)は専門分野のプロフェッショナルです。対等な立場でともに学び合い、お互いが向上し合う関係をつくります。

会社からの約束

活動

  • 幌馬車の会(クレド推進委員会)
    朝ミーティング、ケーススタディー、コミュニケーションカード、Good Jobカード
  • 表彰、年間MVP
    コミュニケーションカード、Good Jobカード、業務改善提案による
  • 5S委員会(職場環境の改善と向上)
  • 働き方改革
    • フレックス制
    • 変形労働時間制
  • 次世代育成支援

評価制度

(株)吉岡経営センターの人事評価システムを導入

1.人事評価表の種類

人事評価表は、以下のとおり6種類です。

  フーズ・事務 営業業務
課長
主任・係長
一般

2.人事評価表の構成要素

人事評価表を構成する要素は以下のとおりです。
上位役職ほど業績評価のウェイトが高くなります。

【フーズ・事務】

  プロセス評価 業績評価 目標管理
課長 50% 30% 20%
主任・係長 50% 30% 20%
一般 50% 30% 20%

【営業業務】

  プロセス評価 業績評価 目標管理
課長 30% 30% 40%
主任・係長 30% 30% 40%
一般 30% 30% 40%

人事評価の具体的内容は、人事評価表を参照して下さい。

3.目標設定のポイント

(1)目標設定時の留意点

  1. 目標の数
    目標を記載する欄は3つありますが、必ず2つ以上は目標を設定してください。
  2. 目標の難易度
    目標の難易度を指定する欄があります。上司と部下で面談し、目標の難易度を確認してください。
    難易度の高い目標にチャレンジした場合は、最終点数に1.2の係数が掛けられます。難易度の低い目標を設定した場合は、最終点数に0.8の係数が掛けられます。
  3. ウェイトの設定
    それぞれの目標に対して、ウェイトを設定してください。
    複数の目標を設定した場合の合計ウェイトは10%となるようにしてください。

(2)目標の種類

目標には大きく分けて3種類あります。部門目標等のトップダウンと自己目標のボトムアップの組み合わせが大切です。

  • 成果目標・・・組織目標や組織から要請される成果を実現するための目標
  • 業務目標・・・仕事の効率・品質を高度化するための目標
  • チャレンジ目標・・・自己啓発をもとに能力を開発するための目標
  1. 成果目標・・・全社、部門目標との連動性
    全社目標にもとづき、それを各部門において展開し、成果を上げることが求められます。社員は自分の役割に応じた目標を部門やチーム目標に沿った形で策定します。
  2. 業務目標・・・部署内での役割分担を踏まえて
    本人の役割や仕事でありながら、遂行できていないものを目標として設定する場合があります。また、上位役職の役割や職務を選択し、キャリア開発を目指すことも可です。
  3. チャレンジ目標・・・自己啓発
    本人の意思を尊重した啓発目標となります。自分の能力開発を目指します。目標管理では、新たなことにチャレンジをする取り組みを高く評価し、会社全体の活性化に繋げることも重要視します。ただし、職務に関係する自己啓発に絞る必要があります。

(3)個人目標の設定

  1. 目標設定の基本

    目標設定においては、社員の自主性を尊重する必要があります。また、その推進も自己管理、自己統制できることが理想です。
    しかし、目標は、単なる目標(スローガン)を指すのではなく、具体的な方策や手段が必要となります。この先、半年、1年間の自分の仕事について、結果だけでなく、手段、方法を含めて、そのストーリーを描くことが大切です。目標設定の基本形を守り、目標に具体性を持たせることができないと達成度の評価もできなくなります。

    「何を」       状況、指標
    「どのようにして」  手段、方法
    「どれだけ」     水準、等級基準
    「いつまでに」    期日
    「~する」      遂行のための計画
  2. 目標にはチャレンジ要素を含める

    目標にはチャレンジ要素を含めることが重要です。特に一般職に関しては、伸び盛りの社員なのでその重要性は大きいといえます。社員一人ひとりがチャレンジを意識したかどうかを確認し、目標の具体性、実現可能性をチェックしましょう。チャレンジ度は、「難易度」として人事評価表でチェックします。

    確実へのチャレンジ 絶対にミスを犯さないこと。この確実へのチャレンジが全員に浸透したとき、その部門は誰からも信頼されることとなる。
    拡大へのチャレンジ より仕事の範囲を拡大する。顧客満足を高める。このチャレンジが会社の発展をもたらす。
    育成へのチャレンジ 部下をどのように育てるかを指す。部下育成に積極的な会社は、他のチャレンジも推進しやすい。
    自己充足へのチャレンジ 自分の弱点を補うため、自己啓発や業務推進を通じて修得、習熟を追求することである。

(4)評価基準の設定

  1. 定量目標
    目標設定時に「達成」や「大幅達成」の基準をあらかじめ設定しておき、それに基づいて評価します。
    この基準を明確にしておくことが、上司と部下の間で納得感を得られるポイントとなります。
  2. 定性目標

    定性目標では、達成水準が言葉で表現されているため、どれだけやれば達成になるのかが、はっきりしない場合が多くなります。従って、定性目標は、目標設定時に上司と部下で達成イメージを共有しておくことが大切です。

    例)目標:新入社員向けの業務マニュアルを作成する。

    1. 目標設定以上の取組みをした。他の模範となるような高い成果を出した。
      作成したマニュアルが、他部門でも使われる等、他からも高く評価された。
    2. 目標設定以上の取組みをした。成果を出した。
      作成したマニュアルに基づいて、新入社員教育を実施することができた。
    3. 目標設定通りに取組んだ。成果を出した。
      業務マニュアルを作成した(作成したマニュアルが見やすく、分かりやすい)。
    4. 目標設定通りに取り組まなかった。成果なし(あり)。
      業務マニュアルの作成が中途半端で終わった。
    5. 未着手、成果なし

      業務マニュアルの作成に着手しなかった。

(5)目標設定時のチェックポイント

公正な評価結果を導き出すためのチェックポイントは以下の通りです。

  • 目標設定の基本形が守られているか(PDCA)。
  • 具体性があり、結果をイメージすることができるか。
  • 自部門における役割は明確か。
  • 目標は組織目標にどう結びつくか。(成果目標)
  • 目標は、各人の等級基準や能力とかけ離れていないか。
  • 責任の所在が不明確な目標はないか。
■目標設定NGワード例
NGワード 修正方法 改善例
・努力する
・徹底する
・頑張る
・目指す
目標は達成するために設定するので、努力目標をにおわすような表現は使わない。 ○○まで達成する。
○○を実現する。
・支援する ・助言する
・協力する ・調整する
・管理する
目標達成の主体が他力本願になりがちな表現は使わない。 (助けることではなく、自分自身が主体になって行う目標を記入する)
・など 目標の範囲を曖昧にさせる表現は排除する。 ○○と○○を実行する。
・極力   ・可能な限り
・なるべく ・できるだけ
・必要に応じて
どれだけできればよいのかが不明確な表現は避ける。 ○○を△まで達成する。
・積極的に
・臨機応変に
・迅速に
・強調して
気持ちを表現することにより、達成度を曖昧にさせる表現は削除する。こうした表現は、記述から外しても、実施内容は変わらない。 感覚的な表現、修飾語は使わない
・効率化する
・明確化する
・安定化する
・共有化する
具体的内容が記述されていれば構わないが、漠然と「○○化する」と書いてあるだけで、どう○○化するのかが不明確な場合は表現を変える。 ×手続きを効率化する。

○帳票を50%削減する。

4.評価点数とランク

評価段階は、絶対評価方式の7段階となります。二次評価者の評価結果が最終ランク判定に使用されます。
評価点数とランクの関係は以下のとおりです。

総合評定 SS S A B C D E
評価点数 85点以上 70点以上
85点未満
65点以上
70点未満
60点以上
65点未満
55点以上
60点未満
40点以上
55点未満
40点未満

5.特別加減点

  1. 特別加点は、被評価者からの自己申告と特筆すべき行動にもとづき、評価者が査定することとします。(+5点まで)
  2. 特別減点は、評価期間中の事故・クレームなどの事実にもとづき、評価者が査定することとします。(▲5点まで)

6.自己評価・自己PR

人事評価表の下方には、自己PR欄があります。
目標管理で設定した目標達成への取り組み以外でも、その期に挙げた成果など上司に知っておいて欲しいことを記載してください。

会社概要

会社名 帯広プロパン株式会社
所在地 〒080-0026 北海道帯広市西16条南4丁目39-10
電話:0155-34-1424
FAX:0155-34-5389
創立 1968年7月29日
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役社長 大友俊一
従業員数 16名
営業時間 9:00~17:30(窓口受付は9:00~18:00)

地図

沿革

昭和43年7月29日 大友俊雄が大友熱源を創業。主にプロパンガス、灯油、石炭の販売開始。
昭和47年 旧社屋建設
昭和48年 川瀬商店、村瀬売炭との合同で法人化、帯広プロパン株式会社設立。
昭和63年 芽室町美生に工場を取得し、ウイスキーとビール粕を配合した飼料の生産、販売を開始。
羊肉(サホーク種)飼育開始。スッポンドリンク販売開始。
平成2年 当社の飼料を使う生産者が共進会で最高位受賞。豚の部、肉用牛の部、乳用牛の部で、三冠。
平成3年 ロードヒーティング施工販売開始
平成4年 現社屋建設。クリーニング取り次ぎ開始。
平成7年 舞茸しょうゆ代理店になる
平成10年 舞茸しょうゆ販売元になる
平成11年 切手、印紙販売所になる。年賀状最高26万枚販売。
第1回くらしのいろいろまつり開催
平成12年 北海道物産展催事出店開始
北海道郵政局長より郵便事業に対し感謝状
大友俊雄が帯広市産業経済功労者表彰
平成15年 長寿源シリーズ販売元になる
平成16年 大友俊雄が、会長就任。大友俊一が社長就任
平成17年 長寿源豚丼のたれ販売開始。
スッポンドリンク累計販売35万本
平成19年 帯広市屋内スピードスケート場建設に対し、会長並びに会社で寄付200万円
平成21年 太陽光発電施工販売開始
平成26年 創業者、会長大友俊雄が退任
平成28年 クレド導入
電力販売開始
平成29年 太陽光発電部門を分社化し、新会社を設立

法人届出・許認可事業等

  • 液化石油ガス販売事業者
  • 石油製品販売業
  • 認定保安機関
  • 認定液化石油ガス設備工事事業
  • 医療機器販売業
  • 医療機器賃貸業
  • 古物商(機械工具商)
  • 安全運転管理事業所
  • 郵便切手類販売所
  • クリーニング取次所
  • 臨時営業(飲食)
  • 魚介類販売業
  • ソース類製造業
  • 商標登録「長寿源」

個人取得資格

  • 販売主任者(第二種販売)
  • 配管設備工事監督者
  • PE管配管監督者
  • 1級・2級管工事施工管理技術士
  • 液化石油ガス設備士
  • 消防設備士(乙種6類)
  • 液化石油ガス保安業務員
  • 簡易ガス事業PE管配管監督者講習修了者
  • ガス可とう管接続工事監督者講習修了者
  • 配管用フレキ管講習修了者
  • 危険物取扱者(乙種4類、丙種)
  • 石油機器技術管理士
  • 第二種電気工事士
  • 工事担任者資格者(アナログ第3種)
  • 安全運転管理者
  • 移動式クレーン運転業務講習修了者
  • 食品衛生責任者
  • 福祉住環境コーディネーター2級・3級